コストアプローチ

M&A関連
フリガナ
こすとあぷろーち

コストアプローチとは、会計上の純資産をベースに評価するアプローチであり、代表的な手法として、時価純資産法がある。
メリットとして、貸借対照表を前提として評価するため、客観性に優れている。
デメリットとして、将来の収益獲得能力を価値に反映できない。

M&A関連用語集一覧

初回相談無料 お問い合わせはこちら
受付:平日10:00~18:00