ローカルベンチマーク(通称:ロカベン)

経営全般
フリガナ
ろーかるべんちまーく

ローカルベンチマークは、企業の経営状態の把握、いわゆる「健康診断」を行うツール(道具)として、企業の経営者等や金融機関・支援機関等が、企業の状態を把握し、双方が同じ目線で対話を行うための基本的な枠組みであり、事業性評価の「入口」として活用されることが期待されるものである。

「財務情報」と「非財務情報」を整理して、企業の経営状態を把握することで経営状態の変化に早めに気付き、早期の対話や支援につなげていくものである。

 

6つの指標

①売上高増加率(売上持続性)

②営業利益率(収益性)

③労働生産性(生産性)

④EBITDA有利子負債倍率(健全性)

⑤営業運転資本回転期間(効率性)

⑥自己資本比率(安全性)

 

4つの視点

①経営者への着目

②関係者への着目

③事業への着目

④内部管理体制への着目

 

出典:経済産業省HP

http://www.meti.go.jp/policy/economy/keiei_innovation/sangyokinyu/locaben/

経営全般用語集一覧

初回相談無料 お問い合わせはこちら
受付:平日10:00~18:00