時価純資産法

M&A関連
フリガナ
じかじゅんしさんほう

時価純資産法とは、貸借対照表の純資産に基づき、資産及び負債の時価を反映させることで株主価値を評価する手法をいう。
会計上の純資産に基づく評価であるため、比較的理解が容易である。単独で採用されることは少なく、他の評価アプローチと併用されることが多い。

M&A関連用語集一覧

初回相談無料 お問い合わせはこちら
受付:平日10:00~18:00