納税資金対策

相続
フリガナ
のうぜいしきんたいさく

財産の多くが不動産である場合には、相続しても、相続税の納税を行う資金が不足してしまうことがある。そのため、生前に相続税の資産を行い、相続税のシミュレーションを行い納税資金の引き当てておくことが必要である。
具体的には、不動産を売却して現金化することが考えられる。また、納税資金を確保するために生命保険を活用することも有用である。

初回相談無料 お問い合わせはこちら
受付:平日10:00~18:00