• 事業承継

後継者を誰にするのか?

事業の引き継ぎ先(後継者)は次の3つが考えられます。

 ①親族

 ②社内の親族ではない役員・従業員

 ③社外の第三者(M&A)

 

後継者を決めるにあたっては、①→②→③という順番で検討するになります。

 

事業承継に関して利害関係のある者にとって、理解・受け入れられやすい順番がこれだからです。

 

それぞれ具体的に見ていきたいと思います。

 

①親族

後継者候補のナンバーワンは何といっても現経営者の息子です。

 

息子がおらず娘しかいない場合には、娘の配偶者(婿)が継ぐケースもあるでしょう。

 

息子や娘がいない場合や息子・娘が継がない場合には、甥や姪、孫なども候補となります。

 

②社内の親族ではない役員・従業員

親族に適当な後継者がいない場合には、

長年会社に貢献してきた古参の役員や従業員が後継者候補となります。

 

会社を支えてきた役員・従業員であれば、経営者親族や取引先からの信頼も厚いため、

関係者から心情的に受け入れやすいというメリットがあります。

 

③社外の第三者(M&A)

親族や役員・従業員に適当な後継者がいない場合の最終手段として、

社外の第三者に引き継ぐことになります。

 

第三者としては、通常、取引先や同業者が考えられますが、

全くの新規参入業者が引き継ぐケースもあります。

 

今まで一生懸命に経営して大きくしてきた会社を第三者に譲渡することは、

社長をはじめ関係者にとって受け入れがたいものがあります。

 

しかし、最近では後継者不足に悩む会社が多く、

やむなくM&Aの実行に踏み切る事例がが増えてきています。

初回相談無料 お問い合わせはこちら
受付:平日10:00~18:00