DCF法

M&A関連
フリガナ
でぃーしーえふほう

DCF法とは、事業から生み出されるキャッシュ・フローを予測し、割引率で現在価値へ割引計算することで価値評価する方法をいう。
企業価値評価で、よく利用される方法であり、企業の将来の収益獲得能力を反映させた評価手法である。
評価対象会社の事業計画に基づき評価を行うため、企業の固有の状況を価値評価に反映させることができるが、客観性に欠ける場合がある。

M&A関連用語集一覧

初回相談無料 お問い合わせはこちら
受付:平日10:00~18:00