トピックス

中小企業庁 下請代金の支払手段についての通達の見直し

2016年12月15日 12:00 AM

平成28年12月14日、中小企業庁と公正取引委員会は、下請代金の支払手段について50年ぶりに見直しました。

具体的には、以下の事項を親事業者に要請しています。

(1)下請代金の支払いはできる限り現金払いとする

(2)手形等による場合は、割引料を下請事業者に負担させることがないよう下請代金の額を十分に協議する

(3)支払手形のサイト(支払期間)は将来的に60日以内とするよう努めること

詳細は、中小企業庁HPをご参照ください。