事業承継対策

円滑な引き継ぎの第1歩 事業承継計画

「事業承継・・・、対策しないといけないことはわかってはいるけど、

何から手をつけていいのかよくわからない」

というのが正直なところではないでしょうか?

事業承継対策では、次のようなことを検討する必要があり、内容が専門的、かつ、複雑です。

後継者を誰にするか?
親族内に後継者がいなかった場合、どうすればよいのか・・・?
自社株を後継者への引き継ぐタイミングは?あらかじめ贈与しておくのと相続ではどちらがお得?
自社株式が高いが、株価の圧縮ができないだろうか・・・?
自社株の後継者への引き継ぎは、どのように行っていけばよいか?
長男に後を継いでもらうため、自社株を長男に相続させたい。ほかの兄弟に相続させる財産がないが、兄弟ゲンカにならないだろうか・・・?

 

プレディクトパートナーズの事業承継対策の特徴

事業承継で検討すべき課題はケースバイケースです。そのため、すべての会社に通用する特効薬のような対策はありません。まずは、貴社の現状を把握し、事業承継を行うための課題の整理を行うことが必要です。その上で、事業承継計画を作成し、個別の対策を実行することで円滑な事業承継が可能となります。

 

事業承継簡易診断

プレディクトパートナーズでは、以下の項目について、貴社の現状把握と課題の整理を行います。

項目 検討課題
 株式・株主の状況 ・第三者の少数株主がいる場合、株式を集約する必要がある。

・買取価格の交渉など株式集約の手段の検討。

従業員の状況、組織体制 ・10年後も事業を継続できる体制が備わっているか?
 決算情報の過年度推移

会計方針

・過去3年分の決算情報の分析を行い、改善すべき財務上の問題点の把握。

・会計方針の検討

 経営者個人財産 経営者の個人資産・負債の洗い出しを行い、相続財産となる個人財産目録の作成。
 経営者の法定相続人の

リストアップ

・自社株を後継者だけに集中させるか、兄弟に分散させるか?

・自社株以外に相続財産が少ない場合には、他の相続人の遺留分との調整。

 後継者候補 ・後継者候補のリストアップ

・ 親族内や従業員に後継者候補がいるか?

・いない場合はM&Aも検討。

 自社株の評価 ・評価額の算定。

・自社株の評価額の引き下げ検討。

簡易診断結果は、レポートに取りまとめて提出いたします。

事業承継計画作成サポート

事業承継簡易診断でリストアップされた課題を解決しながら、事業承継計画の作成をサポートします。事業承継計画作成では以下の項目を検討します。

・後継者の選定

・承継方法の検討

・経営理念の明文化と経営理念・ビジョンの社内浸透に向けた取り組み

・中長期事業計画の策定

・社長の退任時期と主要な役員人事の予定を検討

個別対策の実行サポート

具体的な事業承継対策の実行をサポートします。

・自社株の後継者への生前贈与

・自社株の贈与時における相続時精算課税制度の利用

・自社株の集約

・後継者への議決権の集約化のための種類株式の利用

・経営者保証を後継者に引き継がせないための対策を検討

報酬の目安

事業承継簡易診断

10万円~

(注) 事業承継簡易診断には、相続税診断は含まれません。

   あわせてご依頼いただくことにより、相続税対策を含めた総合的な対策が可能となります。

事業承継計画作成サポート

顧問契約 月額10万円~

個々の事業承継対策の実行支援

実行する個々の業務に応じて個別にお見積もりいたします。

ご契約までの流れ

① お問い合わせ
  • まずはメールもしくはお電話にてお気軽お問い合わせください。
  • メールでのお問い合わせの場合には、2営業日以内にはご連絡いたします。

② 電話でのヒアリング
  • 簡単にお電話で会社の概要とお困り事などをお聞かせください。
  • 無料相談をご希望のお客様は無料相談の日程を決めていきます。

③無料相談
  • 初回無料相談を承ります。
  • 経営や事業承継に関するお困りごとをお聞かせください。

④見積提案書の提出
  • 貴社のお困りごとやご要望に応じて、お見積提案書を作成いたします。

⑤契約の締結
  • 見積提案書の内容にご納得いただけましたら、ご契約ください。
  • 貴社の課題解決に全力でサポートいたします。

初回相談無料 お問い合わせはこちら
受付:平日10:00~18:00